文字を小さく文字を大きく
 
゛ありがとう゛を言うクセ ≪ほのぼの≫ 茨城 中学2年 星のひかり 2009.09.30

私の父は月に2回、
おじいちゃんのいる特養施設でピアノ演奏のボランティア活動をしています。

そんな父の影響を受け、
私も今年の5月からフルートを持って
父と一緒に施設で演奏するようになりました。

演奏が終わると、お爺さんやお婆さんたちの車椅子を押し、敷地内の散歩へ。

まだ施設に通い始めたばかりの頃は、
演奏や散歩が終わると、
「ありがとうね」 というお礼の言葉をたくさんもらうことが出来ました。

しかし、回を重ねるにつれ、
゛第一日曜日は演奏の日゛、゛演奏が終わったら散歩゛が当たり前となり、
いつしか 「ありがとう」 の言葉をくれるお爺さん、お婆さんは少なくなりました。

中には 「今日の散歩はいつもより短かくな〜い?」
なんて文句を言うお婆さんも…。

父にそのことを話すと、

「毎日お母さんにご飯作ってもらってると、いつの間にか、
゛ありがとう゛を言わなくなってしまうのと同じかもしれないね」

と言われ、ハッとしました。

私もお母さんに 「ありがとう」 を言ってない…

それどころか、

「今日のお味噌汁、ちょっとしょっぱいよ!」

なんて文句を言ってしまうことさえある。

反省 m(_ _)m

「゛ありがとう゛を言うクセ、つけるといいよ。
 おじいちゃんやおばちゃんから゛ありがとう゛を言われるのを待つんじゃなくて、

゛おじいちゃんと散歩できて楽しかった。ありがとう゛

゛おばちゃんとお話ができて良かった。ありがとう゛

って自分から言ってごらん。

そしたらきっと、『こちらこそ ありがとね』って言葉が返ってくるよ」

と父に教えられました。

ありがとうを言うクセ、いいことだなぁと思いました。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る