文字を小さく文字を大きく
 
この夏一番の思い出(1/2) ≪ほのぼの≫ 山梨県 会社員 山岡早紀 2009.08.31

7月末に乳がんの手術で右胸を切除しました。

退院後、改めて自分の姿を鏡で見た時、
かなり落ち込みましたね。

「ママと一緒にお風呂に入るぅ〜」

と娘に言われても、

「お医者さんから一人でお風呂に入りなさいって言われてるの」

と嘘をついて、娘とお風呂に入るのを拒んでいました。

まだ7歳の娘には、

片胸がない私の姿を受け入れられるとは思えなかったからです。

しかしその嘘も限界となり、
先日娘と久しぶりにお風呂に入りました。

右腕で隠すようにしていたのですが、
娘はすぐに気付き、驚いた顔をして、

「ママ、こっちのおっぱいがないよ」

と指を指しました。

「あのね、こっちのおっぱいに悪いバイ菌がいたから、取っちゃったの」

できるだけ深刻がらずに、サラっと応えました。

「悪いバイ菌?」

「そう。とっても悪いバイ菌。だから、おっぱい取るしかなかったの」

そう言って、ニコっと笑って。

すると、突然娘が

「まみのせいだよね」

と言って泣き出しました。

どうしてまみのせいなの?まみは全然悪くないわよと言うと、
娘は泣きじゃくりながら、

「まみが赤ちゃんの時、ちゃんとおっぱい吸ってれば、
 悪いバイ菌がいなくなって、おっぱい取らなくて済んだんだよね」

と説明してくれました。

娘は、とっても吸い付きが悪かった子で、
「あんたは母乳もよりミルクばっかり飲んでたのよ」

と私に言われたのを覚えていたのです。

「まみのせいなんかじゃないわよ」

私はそう言って湯船の中で娘をギュッと抱きしめました。

○ 連載「この夏一番の思い出」 --- [1] | [2]
○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る