文字を小さく文字を大きく
 
姉の家での夏休み(1/2) ≪ほのぼの≫ 東京都 大学4年 Yuri Koganei 2009.08.24

久しぶりに宮崎に住む姉の家に遊びに行きました。

前回甥っ子たちと逢った時は、
まだ赤ちゃんから抜け出したばかりの可愛い盛り。

姉も「あーもー、ダメでちゅよ〜」
なんて言いながら甥っ子たちを
あやす カワイらしいママでした。

あれから3年…

甥っ子たちは、4歳と3歳の真っ黒なやんちゃ坊主へと成長。

変わったのは甥っ子たちばかりでなく、
あの“カワイらしいママ”だった姉もすっかり“おっかさん”に。

「こらぁ!立って食べないって言ってるでしょ!!」

とややドスの聞いた声を出した時は、

(えっえっえ〜!? 今のお姉ちゃんの声!? w(゚o゚*)w)

ってビックリしました。

そしてお泊りした翌日、
甥っ子たちと4人でセミを取りに行くことになりました。

虫が苦手な私。

(セミを取って何が楽しいの?)
と思いながらも、とりあえず姉達に着いて行きました。

鳥沼公園に着くとすぐに下の子が寝てしまって、姉から

「私カイト(=下の子)見てないといけないから、
友里さぁ、ソラ(上の子)とそこら辺でセミ取ってきてよ」

と網を渡されました。

「えっ?私??? ムリムリムリ・・・(T∇T )( T∇T)」

と全面的に抵抗したものの、

「カイトはまだ友里に懐いてないから、起きたら大泣きするよ」

と言われ、否応なくと網を握らされました。

仕方なくソラを連れて林に向って歩き、
目を凝らして探していると、やっと1匹セミが木にとまって鳴いているのが分かりました。

「ソラ君、セミいたよ。ほら、がんばって取ってごらん!」

と網を渡すと、

「高くて届かんもん。お姉ちゃん取って」

と言われ、網をつき返されました。

(虫が大嫌いな私がどうしてセミ取るのよ〜!)

もう半ベソ状態。しかし、途中から

(まぁ、どうせ取ろうとしてもセミに逃げられるからいいか)

と開き直って網を手にし、セミにおそるおそる近寄って
「エイッ」と網を木に向けてバサッとぶつけると、なんとセミが取れてしまったのです。

「え〜どうすんのぉー!、ソラ君、早く網から取ってー」

すると

「待ってて、虫カゴ取ってくるから」

とソラ君が私を置いて行ってしまったのです。

(網と虫カゴはセットだろー!用意しとけよー!!)

と走り去るソラ君の後ろ姿を目で追いました。

○ 連載「姉の家での夏休み」 --- [1] | [2]
○ 「ホノボノ一覧」に<戻る>

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る