文字を小さく文字を大きく
 
キンちゃんのパパ ≪ちょっと泣ける≫ 栃木県 会社員 かりんとう 2009.08.20

2つの町が、毎年合同で行っている夏祭りに、息子と娘を連れて行ってきました。

メイン会場の公園には、
綿アメやかき氷、焼きそばなどの飲食系の屋台と、ヨーヨー釣りや輪投げなどの子供相手の出店がたくさん並んでいました。

去年同様、子どもに500円ずつ渡し、

「今日だけ自由に使っていいわよ」

と言うと、「うん」と言って走り出した二人。

その背中に向って、

「お兄ちゃんは愛美と一緒に行動するのよー」

「公園から出ちゃダメよー」

慌てて言い忘れたことを付け足しました。(^^;)

去年、500円のほとんどを金魚すくいに使った娘。

今でも一匹、何故か青色の金魚が水槽の中で生きている。

「キンちゃん(←金魚の名前)1ぴきじゃかわいそう」

と言ってたので、娘はおそらく今年もまた金魚すくいをするはず。

一方息子の勇太は…あんず飴を一個買うだけで、残りは全部貯金。

今年もきっとそんなパターン。

締まり屋さんというか、ケチというか、子どもっぽくない。o(-_-;*)

自分のお金はぜーったいに使わない。

パチンコ好きだった元亭主にも、たまに衝動買いをしてしまう私にも似ていない。

(誰に似たのかな?)

そんなことを考えながら、
私は夜祭りの風景をカメラで撮っては歩き、撮っては歩きしていました。

しばらくブラブラしていると、勇太の声が聞こえました。

「おじさん、もう一回!」

声のする方を見ると、愛美の隣で金魚すくいをしている勇太がいました。

(へぇー、勇太が金魚すくいするんだぁ)

私は思わずファインダーを向けて"カシャリ"

その時、気づきいたのです。

勇太が狙っていたのはキンちゃんと同じ、青色の金魚。

「勇太ぁ、愛美ぃ」

私が声を掛けると、

「あっママー。見てー、キンちゃんのパパがいたのぉヽ(*'0'*)ツ」

娘は青色の金魚を指差しながら、そう言いました。

「パパを連れて帰ろうとガンバったけど、
 パパ すばしっこくて愛美はダメだったのo(´^`)o」

「そうだったのぉ」

「それでね、お兄ちゃんにお願いしたら、
 『パパはお兄ちゃんが連れて帰ってあげるから』って頑張ってくれてるの」

そのセリフに、深い意味はなかったと思います。

それでも、私の胸はギュッと締め付けられる思いでした。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る