文字を小さく文字を大きく
 
写真以上の思い出 ちょっと涙 埼玉県 会社員 葵ママ 2008.06.20

週末の父の日、
幼稚園で「日曜参観」がありました。

その日、私はお店からお休みを頂き、
娘と一緒に幼稚園ヘと向かいました。

"父の日"にちなんで企画された日曜参観で、その日はパパと子どもたちが主役。

教室に入ると、子どもと一緒に椅子に座るお父さんたちと、教室を囲むように立つお母さんたちがいました。

しかし、うちにはパパがいないので、
私が"パパ"として参加しました。

娘は特に気にしているようではなく、
"パパといっしょにねんどであそぼう"では、二人で一緒にゾウさん親子を作りました。

もともと私は粘土細工みたいなことは好きなので、
本当に楽しく娘と遊ぶことができました。

しかし、回りにいるお母さんたちが、
「だいきー、こっちむいてー」、「ゆりー、笑ってー」
とカメラやビデオを向けているのを目にした時、ふと考え込んでしまいました。

うちの子の写真は一枚も残らない…

デジカメはポケットにあるのに、撮る人がいない。

その後は、複雑な思いのまま粘度細工をつくることになりました。

続いて園庭で行なわれた"パパといっしょにつなひき"では、
親子混合チームを4つ作り、競い合うことに。

娘と私が入ったチームは「きりんチーム」で、
最初の相手は「くまチーム」。

5回勝負で、先に3勝した方が決勝戦に進出です。

くまチームにいる大人は、お父さんが5人であるのに対し、
きりんチームはお父さん4人と身長152cmの小さな私。

ハンデはあるものの、娘と一緒に勝ちたくて、

「葵、がんばろうね」

と私は意気込みました。

1回戦目。

やはり、大人の力の差が出たのか、
奮戦むなしくジリジリとくまチームに引っ張られてしまいました。

続く2回戦目も同じ結果。

元の位置に戻り、またしゃがんで3回戦に入ろうとすると、
いきなり娘が立ち上がり、くまチームに向かっていったのです。

そしてくまチームのお父さんたちに、

「ママは女の子なんだからね!」

と言ったのです。

正直、驚きました。(ちょっとウルっとしてしまった私^^;)

今まで、「母であると同時に父親でもならなければいけない」

と気張ってきた私でしたが、娘のその言葉は、

「母親だけでいいよ」と言ってくれたようで。

結局つな引きは負けてしまいましたが、
娘から素敵なメッセージを受け取った気がしました。

----------------------------------------------------------
イメージ写真、文中の下線、カラー等の装飾、並びに関連サイトへのリンクは、
Simple-HP側にて設定させていただいております。
コラムに対するコメントもお待ちしております。 一つの『コラム』として選考・掲載
致します。---《コラム/コメントの投稿》
  • 前頁に戻る