• 戻る
 
  ウェブ全体      simple-hp.com内  

simple-hp.comの活動概要

simple-hp.comが目指すもの

「幼児虐待」「育児放棄」「不登校」「いじめ」などの問題に対し、最も必要なのは、

 - コトが起きてからの「事後対策」より、むしろ

 - コトが起きる前の「事前対策」です。

問題が起きてからだけでは遅過ぎる。

simple-hp.comでは、「問題が起きる前にできること」を模索し、1つのソリューションとしてたどり着いたのは、現在子育てをしている「家族」と、父親・母親が働く「企業」と、地域で献身的な活動を行っている「団体」を結びつけるような大きな仕組み造りでした。

「子供たちに関わる問題は、大人全員で考えなければならない問題」

私たちはそう考え、サイト運営を通して次の3つの大きなEntityを応援していきます。

■simple-hp.comが応援する3つのEntity(ターゲット)
(1) 子育て家族(2) 企業(3) 非営利団体
家族 企業 団体

誰よりも子ども達の一番そばにいる「家族」と、父親・母親が勤めている「企業」、そして こどもたちのサポーターとして日々活動されている「団体」の3つに対して様々な働きかけをしていくことで、「子供に優しい社会」創りに 少しでも貢献できればと思っています。

NPO法人「ゆめ・まち・ねっと」から頂いたお便りより

【私の家族】  マイハウス(建物)はあるけれど・・・

新築のマイホームのローンを返す為に、共稼ぎで働いている両親。

二人とも、いつもくたくたで家に帰ってくるので、夫婦喧嘩が絶えないという。

「うちのパパね、“大人になったらあんな女にだけはなるな”ってママのこと言うんだよー」

そんな両親を毎日見ている女の子は、

「うちにはマイハウス(建物)はあるけど、マイホーム(家族)はないの…」と。

(静岡県 小学一年生の女児)

【僕の家族】  キャッチボールがしたい

「あのね、僕がお父さんとしたいのはキャッチボールとかボール蹴りなんだ…。」

平日は父の姿を見ないという。

朝起きるとすでに出勤していて、寝るときにはまだ残業で帰ってきていない。

その穴埋めをするかのように週末は遊園地とかに連れていってくれるけど、いつも父親とケンカになるという。

(静岡県 小学ニ年生の男児)

【私の家族】  今日は何してんだの?

遊び場ではいつもハチャメチャに遊んでいる女の子。その女の子が、

「お母さんのお迎えの車に乗る時が一番イヤ!」
という。

つい遊びに夢中になり過ぎて、お迎えが来た時に帰り支度ができていないとすごく怒られる。

エビちゃんみたいなきれいなお母さんで、大人の前ではニコニコ、ニコニコ。

「でも、車に乗ったら『今日は何して遊んだの?』なんて聞かれたことないの…」

(静岡県 小学一年生の女児)

2 / 3
 
矢印 ページトップ > simple-hp.comとは?

[SITE ID: R01]